彩食絢美
会社概要
ビジネスのご案内 テーブルコーディネートマーケティング&フードビジネス会社概要お問合せ
頑張れ、桂島!

 ・<しおがま浦戸の牡蠣を
  世界へ!>プロジェクトについて
  new

 ・応援会員について
 new

 ・清功丸便り

 ・桂島との出会い


 ・牡蠣養殖お手伝い


スローフードと日本酒
 ・スローフードへのとりくみ
 ・日本酒の新い楽しみ方
手島麻記子の生活デザイン研究所
 ・心地よいヒト、モノ、コト
 ・食を楽しむおすすめグッズ
 HOME > 日本酒の新しい楽しみ方

日本酒の新しい楽しみ方
「Rinで楽しむ日本酒の会」〜日本酒とチーズで楽しむ会〜
昨年、12月10日(金)・11日(土)には日本酒とチーズをテーマにした会を開催しました。
今回は、全国各地の地域資源を使ったモノづくりや日本の技とデザインを応援する、
ギャラリースタイルのショップ「表参道Rin」との共同開催企画です。
日本酒スタイリストの主宰手島麻記子が、ゲスト講師をお招きし日本酒の新たな楽しみ方を提案致しました。
「日本酒と国産チーズの今」講演セミナー

ナビゲーター:手島麻記子
日本を代表するスローフード“日本酒”と合わせてご提案した今回のチーズは、全て国産チーズ。
日本酒の奥深さや、
国産チーズの進化に皆様驚かれていました。

金曜日は満席となり
会場内は、熱気に包まれました。

ゲスト講師:大和田百合香氏
「家庭におけるチーズパーティーおもてなし」テーブルコーディネートレクチャー

今回コーディネートで提案した、
輪島キリモト(桐本木工所)
輪島塗。日本を代表する
漆メーカーの丁寧な手仕事が、
日本酒や食材の美味しさを
さらに際立たせ、食卓を華やかに
演出してくれます。

日本酒スタイリストでテーブルコーディネーターの
手島が、家庭でおもてなしをする際の
セッティングポイントやチーズの盛り付け方
などをテーブルコーディネートと共に
レクチャーしました。

チーズは一口大にし、大きな葉っぱの上にリズミカルに並べると、より美味しそうに!
 
ミニレンゲやミニグラスで、高低さに
変化をつけ、食卓に表情を加えます。
  


こちらは卓上で熱燗が出来る
優れモノ
伊賀焼(長谷製陶梶jの
“一燗人”
(写真上)。
お酒好きには
たまらない逸品です。
パーティ用の小皿(写真下)も
揃え、 土モノのぬくもりが、
食卓に暖か味を 加えてくれます。
「日本酒&国産チーズ」試飲・試食
全国から厳選した日本酒を4銘柄(金・土曜日で銘柄変更)に合わせたのは全て国産のチーズ。
4種類のチーズを6つの食べ方で楽しみました。
 × 

 
国内産地から直送されたフレッシュなチーズの数々を、大和田先生が自ら特別なチーズの専用器具で
切り分けて下さいました。贅沢なチーズプラトーの完成です!
(チーズレシピ:大和田百合香氏 日本酒協力:日本酒造組合中央会)
  ◆1日目「純米吟醸 半蔵 神の穂」 三重県:椛蜩c酒造
2 日目「純米吟醸 浦霞禅」 宮城県:轄イ浦

×
北海道 鶴居村ゴールドラベル(酪楽館)
“セミハードチーズを使った人参のブーケ”
※かぶとしそを巻いた、ヘルシーなチーズレシピ。
All Japanナチュラルチーズコンテストで2年連続1位受賞の
このチーズは、チーズそのままの味わいも楽しんで頂きました。
すっきりとした純米吟醸に野菜のシャキシャキ感と
セミハードチーズの甘味が豊かな、相性ぴったりのレシピです。
◆「金婚 大吟醸 美意延年」 東京都:竃L島屋本店
×
北海道ランランファーム “シェーブルチーズのお花仕立て”
※芳醇な国産シェーブルチーズに生ハムを巻き、お花のようにした
見た目もかわいらしいチーズレシピ。
フレッシュでやさしい酸味のシェーブルチーズには
さらりとしたのどごしが心地よい、良く冷やした大吟醸とぴったりです。
 

◆1日目「加賀の月<琥珀月>山廃純米吟醸」
 石川県:渇チ越
2日目 「純米酒 じょっぱり」 青森県:六花酒造

×
北海道 白糠酪恵舎 “モンヴィーゾ セミハードチーズ” 
長野県アトリエドフロマージュ “ブルーチーズと生姜の蜂蜜漬け”

※コリコリした触感が楽しい北海道のモンヴィーゾはそのままで。
味わい豊かなハードチーズは、純米系のボディのしっかりした
日本酒と相性ぴったりでした。長野のブルーチーズは
サイコロ状にしたチーズに蜂蜜漬けにした生姜をかけて。
こちらには、モンヴィーゾと合わせた同じ日本酒を燗酒にして楽しみました。
蜂蜜生姜の甘味とブルーチーズのやさしい辛味で、
とろりとした燗酒の旨味を一層引き立てます。
国産チーズの技術の高さに、皆驚いていました。
◆「華鳩 貴醸酒7年貯蔵」 広島県:渇|酒造
×
長野県アトリエドフロマージュ“ブルーチーズとやわらか無花果”
※日本酒でさっと煮てやわらかくしたドライいちじくに
ブルーチーズをのせて食べるシンプルながらも絶品のレシピ。
ブルーチーズの品の良い塩味といちじくの甘味が
口の中で混ざり合い、7年貯蔵の芳醇な貴醸酒に
相性ぴったり!国産のブルーチーズでこんなにも美味しいものが
あるんだ!と皆をうならせた、目から鱗の組み合わせとの
声が高かった一品でした。
サプライズゲスト登場!盛り上がりの2日間

土曜日の会では、なんと!北海道・白糠酪恵舎 代表の井ノ口さん(写真中央)が
会場に顔を出して下さいました。今回試食した“モンビーゾ”をはじめ、イタリアチーズを日本で作っていらっしゃる
とてもダンディでナイスガイな井ノ口さんの登場に、会場も大いに盛り上がりました!
チーズに合わせて、また新たな表情を見せてくれた、日本が誇る伝統酒・日本酒の奥深さと
良質な国産チーズの数々に改めて驚かされた、盛り上がりの2日間となりました。

back
HOME

会社概要お問合せ