彩食絢美 会社概要
ビジネスのご案内 テーブルコーディネートマーケティング&フードビジネス会社概要お問合せ
頑張れ、桂島!

 ・<しおがま浦戸の牡蠣を
  世界へ!>プロジェクトについて
  new

 ・応援会員について
 new

 ・清功丸便り

 ・桂島との出会い


 ・牡蠣養殖お手伝い


スローフードと日本酒
 ・スローフードへのとりくみ
 ・日本酒の新い楽しみ方
手島麻記子の生活デザイン研究所
 ・心地よいヒト、モノ、コト
 ・食を楽しむおすすめグッズ
 HOME > 日本酒の新しい楽しみ方

イベント報告リリース
「日本酒と楽しむイタリアンの会」Vol.3 の日本酒×イタリアンのマリアージュは
会員交流会・北参道“タンタボッカ”から発信

     
本会3回目の開催となる「日本酒と楽しむイタリアンイベントVOL.3」は
会員間の交流会をメインテーマに、北参道のトラットリア“タンタボッカ”にて開催致しました。
初めて会う会員の方同士の交流や蔵元の方との交流など、大変に和やかな会となりました。
イベント名:<日本酒と楽しむイタリアンの会>Vol.3
【開催概要】
< 開催日時>: 4月24日(土)18:00〜  
< 開催場所>: trattoria Tanta Bocca “トラットリア タンタボッカ
           151-0051渋谷区千駄ヶ谷4-5-1 1F  tel:03-5771-4099

<イベント内容>:
        ◆日本酒×イタリアンマリアージュ◆  
        ◆蔵元様による日本酒の紹介
        ◆デザイナーハヤシコウ氏と手島によるトークショー(マルケ州古都ウルビーノ・現地イタリア食事情の紹介)◆

< 主催>: 日本酒と楽しむイタリアン推進実行委員会 事務局 轄ハ食絢美
< 協賛>: 日本名門酒会 岡永(渇ェ永・東京) 武重本家酒造(武重本家酒造梶E長野)
       大和川((資)大和川酒造店・福島)北雪(竃k雪酒造・新潟)
       新政(新政酒造梶E秋田)司牡丹(司牡丹酒造梶E高知)
★日本酒×イタリアンのマリアージュ★
全国から5つの蔵元様による選りすぐり14銘柄の日本酒
北イタリアの郷土料理をはじめとするトラットリアならではのバリエーション豊かなイタリアン料理8品をお楽しみ頂きました。
ここタンタボッカは、なんと牛まるごと一頭買いするという名物のA5ランクの和牛が楽しめるのも魅力です!
<日本酒×イタリアンのマリアージュMENU>
<アペリティーボ> 「泡泉花」(武重本家酒造梶jほんのり甘いスパークリング日本酒。 市場にはまだ広く流通して
              いない、大変レアなお酒に皆大満足でした!

@ 初鰹のカルパッチョ
×
「槽掛け雫酒 純米大吟醸」
(司牡丹酒造梶j
「弥右衛門 純米大吟醸」
((資)大和川酒造店)

A 温製ウニのカッペリーニ
×
「六號 純米吟醸」(新政酒造梶j
「北雪 大吟醸 越淡麗 無濾過生原酒」
(竃k雪酒造)

B炙りレバーと
“信州五郎平衛米”の焼きリゾット
×
「牧水きもと純米」(武重本家酒造梶j
「北雪 佐渡の鬼ころし」(竃k雪酒造)


C鰯・ウィキョウ・松の実の
ショートパスタ カサレッチェ
×
「六號 特別純米」(新政酒造梶j


Dカジキマグロのインボルティーニ
 ×
「船中八策 純米」(司牡丹酒造梶j

EA5和牛ハラミの炭火焼き
×
「北雪 純米大吟醸 越淡麗」
(竃k雪酒造)
「御園竹濃醇旨口山廃原酒無濾過生酒」
(武重本家酒造梶j

Fペコリーノサルデとタレッジョチーズのニョッキ 
オマール海老のソース
×
「活性にごり」((資)大和川酒造店)


Gドルチェ盛り合わせ
(日本酒を使った信州産“あぐり”イチゴのマリネ
日本酒シャーベット添え、ティラミス)
「御園竹蔵内生熟成」(武重本家酒造梶jを使用


<ディジェスティーボ>
「カスモチ8年古酒」((資)大和川酒造店)
  
(写真上中央:タンタボッカシェフ 山口高志シェフ)
 

★蔵元様による日本酒の紹介★
今回全国から、5つの蔵元様にご協力頂きました。
各蔵元様からは、当主・杜氏をはじめ、ご担当者様にご列席頂き
会場内には、テイスティングコーナーも設け、直接蔵元様との交流を楽しんで頂きました。
ご参画蔵元様によるご挨拶・ご説明
各蔵元様がご遠方から会場に足をお運び下さり、
大変興味深いお話しを
沢山お聞きする事が出来ました。
ご参加者の皆様には、蔵元様との直接の
交流を楽しんで頂きました。
<日本酒テイスティングコーナー>


テイスティングコーナーではお料理と
一緒に出した日本酒も含め、なんと16銘柄!の
日本酒を楽しんで頂きました。
大変贅沢な日本酒の数々と、蔵元様当主や
杜氏様、蔵元ご担当者様の楽しいお話しに
皆さん大満足の会となりました。
 
ご参画蔵元様によるご挨拶・ご説明

(写真上):司牡丹/浅野杜氏
(写真下):大和川/佐藤氏

お越し頂きましたお蔵の皆様
ご遠方からのご参加
本当に有難うございました

(写真上)武重本家酒造
/武重社長
(写真下): 新政ご担当
日本銘門酒会 岡永/ 朝倉氏

(写真下): 北雪/ 大西氏

お越し頂きましたお蔵の皆様
ご遠方からのご参加
本当に有難うございました

★デザイナー ハヤシコウ氏と手島によるトークショー★
テーマ“イタリアの食と文化について”
会の中では、本会の会員証をデザインして下さった
デザイナー ハヤシコウ氏と手島による、イタリアの食文化・芸術についてトークショーを開催しました。


(写真左:ハヤシコウ氏 右:手島)


ハヤシコウ氏にデザインして頂いた本会会員証。
この会で初めて皆様に配布致しました。
ハヤシ氏は某ブランドメーカーの
アートディレクションをはじめ
メーカーのパッケージデザインを手掛けるなど
第一線で活躍されている
気鋭の若手デザイナーでいらっしゃいます。
デザイナー ハヤシコウ氏は
イタリアマルケ州の古都・ウルビーノに2年間住んで
いらっしゃった事があり、現地の食事情や 文化・芸術に
ついて楽しいお話しをお聞きしました。
ウルビーノは、ラファエッロの生誕地としても有名で
1998年にユネスコ世界遺産指定された街です。
ハヤシ氏は、ドゥカーレ宮殿のそばの、なんと築500年程の
建物内の部屋を借りて住んでいらしたとの事です。

 
ハヤシ氏による、現地の写真やラファエッロ・ロッシーニなど
豊かな芸術と食の楽しいお話しに引き込まれ、
歴史溢れる古都ウルビーノの街に、
皆すっかり魅了されました。
ハヤシコウ様、魅力あふれる楽しいお話しの数々
本当に有難うございました!


  
(写真中央 主宰手島麻記子)
その他、手島と皆様との交流をはじめ、会員の皆さまからも一言ずつ自己紹介をして頂くなど
皆様と和やかな一時をご一緒する事が出来た、充実した会となりました。



(上段向かって左から) 岡永・朝倉様 大和川・佐藤様 (中央)タンタボッカ山口シェフ
(上段向かって右から)司牡丹・浅野杜氏 武重本家酒造・武重社長
(下段向かって左から) 北雪・大西様 (向かって右)手島
山口シェフをはじめタンタボッカスタッフの皆様、
ご参画・ご協力を頂きました蔵元様・ハヤシ様
そしてご参加下さいましたゲストの皆様、誠に有難うございました。
<事務局及びこの件に関するお問い合わせ先>
日本酒イタリアン推進実行委員会 轄ハ食絢美内TEL: 03-3404-1707
E-mail:
sake@saishokukenbi.com
back

HOME
会社概要お問合せ